希望に沿う事業所がわかる!就労支援ガイド【大阪版】 » 大阪府の障害者雇用サポート情報まとめ

公開日:|最終更新日時:

大阪府の障害者雇用サポート情報まとめ

障害がありながらも仕事をして自立した生活を目指している人が大勢います。

こちらには、大阪府で、障害がある人が就労を目指せるよう、就労支援のサポートを提供している施設の情報を掲載しています。障害がある人が就労するためには、一体どのようなサポートが必要で、どのような求職活動を行えばいいのでしょうか。
大阪府の障害者雇用に関する情報をさまざまな角度からまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

大阪府で障害者が就職するには

まず、ゴールは就職できたということではなく、働き続けるということが何よりも大事です。就職してからも末永くその職場に定着できるように、そして、仕事をして安心して生活を送れるように、対人関係や生活面でのさまざまな悩みを把握する必要があります。そのためには定期的に職場を訪問し、コミュニケーションを持つことが重要だと言えます。
また、医療福祉との連携も図り、より働きやすい環境へとつなげるお手伝いをしてくれます。

大阪府の障害者雇用状況

障がいのある人と一緒になって、地域で長く働いて安心して暮らして行くための応援と、障害がある人、一ひとりが力を発揮できる、その人らしい生活ができるようにサポートする。大阪障害者就労支援センターは、そういう施設です。
また、一人ひとりが自分に合った働き方を見つけられるよう、多種多様なサービスを提供しています。たとえば、パソコンの使い方や軽作業のやり方、ビジネスマナー、対人関係についてのコミュニケーション能力を向上するための訓練などがあります。
大阪障害者就労支援センターは、ハローワークや各区の保健福祉センター、地域の様々な支援機関と連携しています。障害があっても働きたいという人の気持ちを色々なコミュニケーションをとることで汲み取り、実際に働くという状況に変えるためのお手伝いをしてくれます。

大阪が実施する企業向け障害者雇用サポート

体力や症状に不安のある人や、日中外に出ることが苦手な人もいますので、通所すること自体が大きなハードルとなる場合があります。
最初は、週に1日や、短時間での作業から始めることができます。まずは、安定して事業所に通い続けることで、生活のリズムをつかむことが大切です。
自ら通うことができない場合は、自宅から送迎するお手伝いもしていて、通所を支援してくれます。
すでに実際に仕事をしている人や、障害がある人を受け入れている企業、また、その支援機関からの相談も受け付けています。気になる人は、ぜひ問い合わせてみましょう。

大阪府の障害者雇用事例

就労支援施設やハローワークなどのサポートを通じ、実際に大阪府内の企業へ就職を果たした人たちの事例を紹介しています。

株式会社JFRクリエ

株式会社JFRクリエのテーマは、「百貨店を支える多様な業務、雇用管理の工夫で個々の能力を活かす」。事務処理業務受託業を展開していて、肢体不自由、知的障害、精神障害、発達障害の人を雇用しています。

参照元:障碍者雇用事例リファレンスサービス(https://www.ref.jeed.go.jp/search_result.html?collection=jeed&page=1&size=20&sort=ref_year,desc&sort=url,desc&filterQueries=doc_type:ref&query=*&filterQueries=ref_jirei:(0))

株式会社ニッセイ・ニュークリエーション

株式会社ニッセイ・ニュークリエーションのテーマは、「通院と就労の両立を可能とする短時間勤務制度の整備による職場復帰や、「社内留学」の実施により加齢に対応した職務変更を実現。」。日本生命の一般事務代行などを展開していて、視覚障害,聴覚・言語障害,肢体不自由,内部障害,知的障害,精神障害の人を雇用しています。

参照元:障碍者雇用事例リファレンスサービス(https://www.ref.jeed.go.jp/search_result.html?collection=jeed&page=1&size=20&sort=ref_year,desc&sort=url,desc&filterQueries=doc_type:ref&query=*&filterQueries=ref_jirei:(0))