公開日: |最終更新日時:

就労支援制度の現状と課題

本記事では、就労支援制度の現状と課題について解説します。

就労支援制度の現状

就労支援制度の現状には、これから修正していかなければならないさまざまな要素があります。

生産性の低い人の就労が厳しい

障害者の雇用に対して、生産性の低い人が排除されやすいという現状があります。障害者は健常者とまったく同じ業務を行うことができないケースが多いですが、障害者の中でも業務量をこなせる人とそうでない人に分かれ、生産性の低い人は就業しにくいのが現状です。

しかし、障害者の修了は、お金を稼ぐだけが目的ではありません。社会に溶け込み、地域で自分の役割を果たすことを目的としている面も非常に大きく、生産性だけで評価をするべきではないのです。

補助金を目的とした就労時期の調整をする事業者がある

障害者を雇用することで、補助金が支給される制度を設けている自治体があり、その補助金を目的に雇用検討する事業者があります。

補助金制度のある時期は雇用を行い、それ以外では行わないなど、補助金獲得を目的に雇用時期の調整を行う企業もあり、雇用を行わない時期には、クリーンな障害者雇用を行っている事業者や、就労支援関連の事業所にも負担がかかってしまいます。

よい事例がなかなか集まらない

例えば、補助金を目的とした不道徳な雇用事業者を排除するために、補助金制度をなくしてしまうと、やはり障害者雇用が厳しくなるという現状があります。

悪い事例だけでなく、補助金制度を用いることでよい形での障害者雇用が実現した事例が集まることで、よりよい制度やシステムづくりができるのに、悪い事例ばかりが集まってしまうため、雇用事業者側にとって有益な支援制度を提案しにくい状況になってしまうのです。

就労支援制度の課題

就労支援制度の現状を踏まえ、よりよい就労支援を行っていくためにはどのような課題をクリアする必要があるのでしょうか。

就労支援機能自体を強化する

就労支援を行う事業所を増やしたり、就労支援員を増やすなど、まずは就労支援機能自体を強化する必要があります。就労支援員を増やすことで、より多くの障害者に手厚い就労サポートを行うことができます。

また就労支援事業所を増やすことで、障害者が遠方まで足を運ぶ必要がなく、フットワークを軽く就職活動を行えるようになります。就労支援員を増やすことは、人件費の増加につながるため、就労支援事業所の雇用強化を行うことも重要です。

中小企業の就労支援を強化

一定数以上の規模で運営している事業主は、その規模に応じて障害者雇用に対応する義務があります。しかし中小企業には障害者雇用が義務付けられていないため、障害者雇用には消極的です。

もちろん、障害者を雇用するだけの事業的なゆとりがないということも挙げられます。就労支援制度の中で、中小企業の障害者雇用における支援を強化することで、障害者雇用の幅が広がり、多くの障害者の就職につながります。中小企業が、クリーンな形で障害者雇用を積極的に行えるような支援が必要です。

就業の安定と定着の強化

障害者の就業が決まっても、人間関係や業務に適性がないといった理由などから、短期間で退職せざるを得ないケースが多いという現状があります。就業先を決めるだけでなく、多くの障害者が長期的に安定して働くことができる就労支援は、今後の大きな課題だといえるでしょう。

また心身ともに前向きに仕事ができるようなサポートを継続的に行うことも、就労支援における重要な課題のひとつです。