公開日: |最終更新日時:

クローズ就労とは

クローズ就労とは、企業に対して障害を開示することなく就職する方法をいいます。開示して就労するオープン就労とは反対の就職方法です。

オープン就労は障害者向けの障害者枠となることが多いのですが、クローズ就労の場合は一般枠の求人に応募することになります。どういったメリット、デメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみてください。

クローズ就労のメリット

クローズ就労によって期待できるメリットは、おもに給与に関することと、仕事に関することです。以下のようなメリットがあります。

給与水準が下がらない

障害者枠での採用になると給与水準が一般より下がってしまいますが、一般枠での採用であればそういったこともありません。

例えば、厚生労働省の発表では、給与所得者全体の平均給与は年間441万円、月収にすると36.8万円です。一方で平成30年5月の平均賃金をみてみると、身体障害者が21.5万円、発達障害者となると12.7万円でした。

月収にして15.3~24.1万円もの差があることがわかります。もちろん、就労先によっては障害者枠の給与のほうが高くなることもありますが、一般的にはクローズ就労の方が給与水準は高いです。

参照元:国税庁/平成30年分民間給与実態統計調査結果について

参照元:厚生労働省/平成30年度障害者雇用実態調査の結果を公表します

職種の幅が広い

障害者枠のみに限定して仕事を探すと職種の幅が狭いですが、一般枠であればさまざまな職種の選択肢が用意されています。障害者枠だと主に事務職がメインになりますが、クローズ就労は職種の幅が広がることがメリットと言えるでしょう。

昇進やキャリアアップがしやすい

多様なキャリアを選択するためには、やはり求人数や職種が豊富なほうが有利です。オープン就労に比べると、やはりクローズ就労のほうがキャリアアップしやすいといえます。

クローズ就労のデメリット

メリットだけではなく、どのようなデメリットがあるのかについてもおさえておきましょう。クローズ就労による代表的なデメリットは以下の3つです。

障害を隠すことに対する不安が伴う

クローズ就労は、企業に対して障害を開示することなく就職する方法であり、障害を隠している状況ともいえます。障害による不調があった際にもそれを隠さなければならないことがあり、不安に感じてしまう方も多いです。

その結果、業務に集中できなくなるようなリスクも考えられます。

会社側からの配慮が受けられない

オープン就労の場合は会社が障害について理解してくれているので、何か困ったことがあった時は相談しやすく、力になってくれます。ですが、クローズ就労の場合はそういった配慮が受けられません。非障害者と同等の働き方も求められます。

職場定着率が低くなる傾向にある

クローズ就労でも支援機関のサポートを受けることはできるのですが、おもに本人と支援機関二者でのやりとりとなります。障害を隠していることから就職先も含めた三者でのやりとりは難しく、十分な支援が受けられません。

そのため、職場定着率が低くなってしまうことがあります。